河口湖 登り坂ホテル

河口湖の登り坂の感想

河口湖の登り坂ホテルに泊まりました

 

 

出張で河口湖へ行った際に、
ビジネスホテル登り坂というホテルに泊まりました。

 

 

目の前に富士山が見えるのがかなりインパクトあるホテルで、
私の泊まった部屋から見えるわけではなかったのですが、
なんとなく優雅な気持ちになれるホテルです。

 

昇り水

 

何より嬉しかったのは、大浴場があること!
ビジネスホテルで大浴場があるのはアパホテルを除けばそんなにないので、
かなり嬉しくて、2泊する間夜と早朝、どちらも入りに行ってしまいました。

 

 

温泉ではないので他の宿泊客の方はあまり興味がなかったのか、
いつ行っても貸切状態で広い湯船を堪能できました。

 

 

このホテル、素敵なことにチェックインしたときと
翌日の清掃後に、ペットボトルのお水と
手作りっぽいクッキーが無料で置かれていました。

 

 

このお水、「登水」と言って、
登り坂グループ(グループだったんだ…!)オリジナルデザインのお水だそう。

 

 

本来は1本120円で売っているようなのですが、
宿泊客には無料でプレゼントしているようでした。

 

 

富士山に十万年もの歳月をかけて積もった玄武岩地層で濾過された、
バナジウムを豊富に含む天然水で、
富士山を登りきる力が湧きあがる、ということから
「登水」と名付けられたそうです。

 

 

ちなみにバナジウムとは、ミネラルの一種です。
バナジウム水はミネラルウォーターの一種なのですが、
血糖値を下げる効果があると言われており、

 

 

バナジウムを多く含む富士山の湧水を飲んでいる人が
皆血糖値が低いということがわかったこともあって、
成人病によい水として数年前から知られるようになりました。

 

 

水の違いが分かるほど舌が肥えてはいないのですが、
飲みやすいお水でした。